電話代行サービスのポイントとは

多くの企業でコールセンターにおける業務を電話代行サービスへ委託することで、コスト削減を行っています。

主にその目的となるのは、一時的な人員増員が必要な時や、新たな業務における人材確保や教育のためのコストを抑えることになります。

その結果、業績に対する費用対効果を下げることを目指すことになります。

そのために、どのような電話代行業者を選ぶかも大切なポイントとなります。

例えば顧客からの問い合わせに対するテレマーケティングを行う場合、そのスキルはかなり高いものが求められることになります。その会話の中で顧客が何に不満を抱えているのか、何を必要としているのか、顧客自身も把握していない潜在的な需要を掘り起こして、それを満たすことができるようなサービスや商品を適切に提案することが必要となります。

Girls Channelの新しい情報です。

そのために、そのような専門的な教育を受けているスタッフを擁する電話代行業者を探すことになります。あるいは、さらに積極的に顧客開発へとつながるテレアポを依頼する場合には、携わるスタッフの技量によって成果が左右されることになります。



同じ料金を支払うのであれば、いかに高い成果を生み出す代行スタッフを探すかが大事な要素となります。


さらにはその業務へのモチベーションをいかに高めてもらうかも課題として取り組む必要があります。

電話代行に対して関心度が高まっています。

電話代行スタッフはクライアントへの帰属意識は無いので、どのように高い成果を出すことができるよう働きかけるかも大切なポイントとなります。